練馬では保育園の待機児がなんと1000人を越えています。保育園に入れず、苦しんでいる人たちが1000人もいるのです。これは練馬だけの話ではありません。全国で都市部を中心に待機児が激増しているのです。
一方でいま国会で保育制度を根本から変えてしまう法案が審議されています。その名も「子ども子育て新システム」といい、保育団体をはじめ、多くの人たちが反対の声をあげています。
なぜ保育園に入ることができないのか?新システムで待機児は解消されるのか?
この問題を国会で追及してきた日本共産党参議院議員 田村智子さんがお話しします。
またスライドを使っての練馬の保育園の歴史や練馬区の現状なども報告します。ぜひご参加ください。
日時は7月8日(日)午後4時30分開会で練馬区役所20階交流会場にて
公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください