新人議員研修として今週は練馬区内にある区の施設を視察しました。20か所以上の施設をまわりましたが、驚いたことに多くの施設が指定管理(民間に管理を委託すること)になっていました。ここまでとは思いませんでした。看板には区立と書いていても中身は民間というわけです。
前にうかがった指定管理になった施設では、指定管理にすると管理者が一定期間で変わる可能性があり、長期的に人を雇って育てたり、長いスパンで施設を改修をしていくというのができないという問題点を話してくれました。また経費のなかで大きな割合をしめる人件費が削られ、官制ワーキングプアという状態を作り出してしまう可能性もあります。
私たちは安易な指定管理への移行は反対ですが、どういったところに利点があり、どういったところに問題点があるのか、指定管理にした施設をしっかり検証していく必要があると思いました。
ぜひ公式サイト http://www.shimada-taku.com/もご覧ください