Monthly Archives: 1月 2011

農協の方と懇談

練馬の農協の方たちと日本共産党区議団が懇談しました。
いま問題になっているTPP(環太平洋連携協定)の問題や都市農業について、これからの国のあり方など幅広い問題での懇談となりました。私も勉強させてもらう立場で一緒に参加させていただきました。
組合長さんはTPPに絶対反対ではないが、いまのようにこの国をどうしていくのか、農業をどうしていくのか何も決まっていない状態でこの協定を結ぶことには反対ですと話されました。
いま日本は経済界の力が強く、農業はそのためのバーターとしてしか使われていないといいます。
日本の農産物を輸出しようという動きがありますが、まずは自国の自給率をあげることが先決。農業が衰退すれば雇用も失われるし、税収も減って、結局地域が衰退していくことになると話されました。
いま韓国では、自国の農業を守る観点から「一社一村運動」という理念のもと企業も利益の一部を農業や社会に還元しているといいます。韓国は農業を守る運動を15年かけてやってきた。日本も見習ってほしいと話してくれました。
いま全国の農業人口は全人口の1.2%だといいます。しかし、食料の問題は全国民の問題です。メディアの影響もあり、自分たちの利益優先、経済優先の考え方が流布されています。そしてそのために人口も少なくて一番いいやすい農業にしわ寄せをしいている現状があります。そういった目先の利益だけ考える視点を「精神的に貧しい国」と表現されていました。そして今の政治は本当の意味で国を豊かにするという本当の「愛国心」がないと話してくれたことは印象的でした。
今回の懇談で国の根幹である農業、食糧問題を多くの国民の人たちを巻きこみながら一緒に考えていきたいと思いました。そして、農業に従事されているみなさんの声を議会に届けていきたいと思いました。
まだまだ勉強不足ですが、農家のみなさんが安心して農業を続けられる当たり前の社会を作っていきたいと思います。そしてTPP参加反対の世論を大きく広げていきたいと思いました。
TPPについては日本共産党中央委員会のホームページをご覧ください。
ぜひ公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

新春なんでも相談会

CIMG0287.jpg
新春なんでも相談会を光が丘月見大橋で開催しました。
イスとテーブルを出して気軽の相談できるようにして、ハンドマイクで訴えながら行いました。
相談は今回はあまり多くはありませんでしたが、ひきつづきこのような生活相談会をやっていこうと話し合っています。
とても寒い日で本当に大変でいたが、多くの方に手伝っていただいて感謝しています。
終わったあと事務所にもどると美味しいお汁粉をつくっていただきました。ご馳走様でした。
ぜひ公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

光が丘駅サザン口に下りエスカレーターを!バス停に屋根とベンチを!

去年12月に調査にいった旭町のバス停3ヶ所の屋根とベンチ、それに光が丘駅A5出口のエスカレーターとエレベーターの設置についての要望に区役所の行ってきました。住民の方も5人参加してくれました。
最初は旭町にあるバス停の問題です。現場の写真を見せながら現地の様子を説明し、都営住宅の敷地の一部をつかえばベンチなどを置けること、以前はベンチがあったことなどを紹介。住民の人からも1本バスに乗り遅れると座る場所がないのでお年寄りは大変、夏の日差しが差し込まないように工夫して屋根をつけてほしいなど、住民の声や要望を出してもらいました。区側は、都営住宅の敷地は私有地よりは利用しやすい、東京都やバス会社に話しをしてみますとのことでした。
次は光が丘駅のサザン口(A5)のエスカレーターとエレベーターの問題です。すぐ上に住まれている高齢者のご夫婦の方から、この出入り口には下りのエスカレーターがなくて大変で、とくに通勤時間帯は怖いと話しをしてくれました。またベビーカーとお子さんをつれた親ごさんがこの長い階段を下りているのを見るといつ事故になってしまうか冷や冷やしている、ぜひ現場を見に来てほしいと訴えました。他の住民の方は、駅のエレベーターは住んでいるところの反対側にあり不便、出入り口に行くためのエレベーターがあるがそこに行くにも階段が数段あり、使いづらいと話してくれました。また光が丘団地の高齢化や家賃の問題についても区役所の人たちに自分の思いをぶつけてくれました。
今回の要請行動は、住民のみなさんが直接区の担当者に自分たちの思いや状況を自分たちの言葉で話してくれたことがよかったと思います。まずは第一歩!これを力にもっと住みやすい街にしていくために頑張っていきましょう!
ぜひ公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください
CIMG0272.jpg

地下鉄の各駅を現地調査

田柄の方と板橋の議員さんたちと一緒に有楽町線の各駅のエレベーターやエスカレーターなどの設置状況を調査しました。
この間地下鉄赤塚駅にもう一つエレベーターをつけてほしいと住民の皆さんが運動されていましたが、メトロ側との交渉で赤塚駅にはすでに一つエレベーターがあり、まだ付いていない駅を優先してつける「1駅1ルート」の方針をとっていて、赤塚駅には作れないとの見解を明らかにしていました。
しかし、新桜台駅の二つ目のエレベーター設置の陳情交渉では、今後「1駅1ルート」方針はとらないとする方針変更を初めて明らかにしたことから、今回の調査となりました。
調査した駅は赤塚、平和台、小竹向原、新桜台の各駅。メジャーを使って計測したり、写真を撮ったりして現場を確認しました。この調査をもとに地域の方たちと板橋方たちと一緒メトロにたいしてエレベーター設置するよう求めていきたいと思います。
また板橋の区議さんの話では副都心線ができたおかげで、和光駅から小竹向原駅の間の駅は地下鉄なのに通過してしまう電車ができて、板橋の住民の方からやめてほしいとの声が上がっているとのことでした。
この問題は、練馬区民も利用している成増、赤塚、平和台、氷川台の各駅にも関連する問題なので、今後一緒に考えていきたい問題です。
この運動をとおして板橋の議員さんを間近で接することができるので、これを機会に色々と勉強させてもらおうとも企んでいるところです。
ぜひ公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください
CIMG0256.jpg

団地シンポジウム

団地シンポジウムを開催しました。
会場の席いっぱいに多くの方が参加してくれました。
専門家の方や元区議さんなど4人のパネラーにも参加していただいて、発言していただきました。
いま光が丘団地が大きく変えれようとしているなかで、住民のみなさんとこのシンポジウムのなかで、少しではありますが一緒に考えられたこと、知っていただいたことはとても大切なことだったと思います。
私自身URについてや建物のことなど色々なことを知ることができました。同時にこの光が丘団地がとても住みやすく、すばらしい団地であることを再確認することができました。
まずは知るところから、そしてそれを周りの人たちに知らせていきながら、みなさんと一緒に住みよい光が丘団地を守っていきたいと思います。
ぜひ公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください
CIMG0231.jpg

特養ホームを視察

区内の特養ホームにお話を聴きにいきました。
CIMG0220.jpg
いまこの特養ホーム指定管理者制度になっていますが、今度民営化されることが決まったそうです。
施設の方はいわく、指定管理者制度は、2、3年で管理者が変わってしまう可能性があり、施設の運営が安定しておこなえなくなること、10年ごとなど長期のスパンで施設回収ができないこと、施設で働いている職員が安心して働くことができないことなどに問題があるといいます。
民営化自体が良いかどうかは議論があるところですが、今回民営化することについては、指定管理者制度にくらべれば長期的な視点で安定した管理ができるのではないかとの話していました。
いま施設の側の一番の関心は介護の質だといいます。
景気が悪いときには、介護職につきたいという人が増えるますが、反対に景気が良くなると募集人数が減ってしまうというのです。介護の仕事はいま職員が深刻な人材不足で2交代制が増え、そのため16時間連続勤務が当たり前だといいます。こうなると仕事がキツくてに辞めてしまう人が増え、さらに職員が少なくなり仕事が増えるという悪循環に陥っています。募集人数も減って、専門学校も閉鎖があいついでいるといいます。
本来介護職は直接的に人の役に立つ仕事で、大変な反面、満足感も高い仕事だといいます。そういった介護の現場で働いている人たちが安心して働きつづけられる。そして生活できるしっかりした収入を得られる環境を作っていくことが必要です。
今回の視察をとおして特養ホームを増やしていくことと同時にそこで働いている人たちの労働環境をもっともっと充実させていくことが大切だと思いました。
練馬区で特養ホームの待機者は3000人近くに達しており、在宅介護されている方は精神的にも肉体的にも追い詰められています。この状況をなんとしても変えていかなければいけません。区政を変えて、もっとスピードをあげて特養ホームをつくらせていきたいと思います。
介護の問題は練馬区の問題だけではなく、国や都の方針によっても大きく左右される問題です。今度のいっせい地方選挙では都知事選挙も行われます。また今回の選挙の結果は国政にも大きな影響を与えます。これからの社会保障を充実させていくために今度の選挙を皆さんの力で政治を変え、福祉を守る第一歩にしていきましょう。
ぜひ公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

ファッション募金の成果

みなさんからご協力いただいたファッション募金でスーツを2着買っていただきました。カッコイイ~です!
それにお洒落なワイシャツもこんなに沢山!!
一緒に買うと半額になるということで革靴も買っていただきました。
まさに全身コーディネートですね…
ぜひ公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください
                            CIMG0222.jpg
CIMG0224.jpg

地区計画懇談会

光が丘団地の都市計画の変更にともなう練馬区の説明会に参加しました。
練馬区は光が丘に現在かかっている「一団地の住宅施設」という都市計画をはずして、練馬区が設定する「地区計画」に変更しようとしています。練馬区は「一団地の住宅施設」を廃止することについて、光が丘の施設を様々なニーズに対応して転用できるようにするためと説明しています。
この「一団地の住宅施設」という都市計画は都市計画法でつくることができる施設が指定されており、それ以外のものはつくることができないようになっており、いわば強い縛りがかかっているわけです。練馬区の言い分としてはそれ以外の施設に転用できず、ニーズに応えられないということなのでしょう。しかし逆の立場で言えばこの強い縛りが光が丘団地を守ってきたともいえます。これが「地区計画」に移行すると様々なニーズに応じて臨機応変に対応できる反面、練馬区の裁量で様々な施設に転用しやすくなり、住民の求める住宅環境が破壊されてしまうのではないかという不安の声が広がっているのです。
かりに「一団地の住宅施設」であっても他の施設を転用する場合、手続きが煩雑になり、時間もかかりますが、一部変更でできるようです。もちろん住民の中にはできるだけ早く新しい施設に転用できるようにしてほしいとの声があるのも事実でしょう。しかしその場合でも都市計画全体を変更してほしいというところまで求めているわけではありません。建て替えまであと20~30年先という時点でなぜ光が丘団地を大きく変貌させることができる「地区計画」に変更する必要があるのか、そこに疑問が残ります。今回の説明会でもその具体的な事例と根拠を示してほしいと質問しましたが、手続きが大変だという理由だけで明確な事例や根拠は示されませんでした。
そもそもこれだけ大きな変更が行われようとしているにもかかわらず、光が丘団地の住民の多くがそのことを知らず、議論にも参加していないというのはやはりおかしな話です。この「地区計画」の問題はただでさえ難しく、住民に理解してもらうためには時間をかけて、丁寧な説明をしていく必要があるのに、練馬区は何回かの説明会を機械的におこない終わらせようとしています。
いま光が丘第3小学校跡地に「アオバインターナショナルスクール」という民間企業が入ることが決まりました。これは住民が求めたものではありません。パチンコ屋も多くの住民が反対したにもかかわらず強行しました。こういった事例をみるだけでも、練馬区が本当に住民の立場になって、これからの光が丘団地のあり方を考えているのか、どこまで練馬区を信用していいのか心配になります。
ぜひ公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

選挙勝利を祈願して!

DSC_3083-1.jpg
今日は上練馬後援会島田拓事務所の初詣に行ってきました。
場所は日光東照宮と鬼怒川温泉です。
日光東照宮では今年の選挙の勝利と今年1年がいい年となること、そしてみなさんの健康を祈願しました。
宮内は木に積もった雪が風に吹かれて舞い上がり、まるで雪のシャワーのようでとても幻想的でした。
温泉で体を温めることもできたし、
雪で足場の悪いなかケガもなく無事に帰ってくることができて良かったです。
バスの中では今年一年を漢字一文字で表して、みなさんの抱負をそれぞれ語ってもらいました。
この寒いなか沢山の人たちに参加してもらいました。本当にありがとうございました。
島田ファッション募金もみなさんにしていただきました。
あと3ヶ月ですが、これを力にみんなで頑張っていきましょう!
ぜひ公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください
CIMG0212.jpg
DSC_3051-1.jpg

練馬後援会新年のつどい

成人式宣伝のあとは練馬の日本共産党後援会の新年のつどいに参加しました。
美味しい手作りの料理を沢山いただいて、多くの方から激励をいただきました。
各区議や候補者からのあいさつもあり、またもや苦手なあいさつをおこないました。
後援会の人たちの前なので、自分のキモチを素直に話しました。
そのあと地元ののシネマサロン(その回はボクの好きな映画「ニューシネマパラダイス」を上映したそうです。観たかった(涙))という映画鑑賞サークルの飲み会に参加し、そのあと旭町支部の新年会に参加し、ハシゴしました。楽しかったのですが、お酒を飲みすぎてクタクタになりました。
美味しい料理たち
料理
あいさつする島田
ぜひ公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

1 2