Monthly Archives: 11月 2011

区政報告会

P1010087

昨日、遅ればせながら区政報告会を行いました。
夜にもかかわらず、寒い中多くの方が聴きに来ていただきました。
本当にありがとうございましたm(_ _)m

聴いていただいて、少しでも区政が身近に感じていただけていたらありがたいです。

公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

光が丘清掃工場が建替え

光が丘清掃工場は稼働から29年目をむかえ老朽化してきていることから、建替えが行われることになりました。17日の光が丘清掃工場の運営協議会で発表されました。
まだ建設計画の策定前の段階ですが、清掃工場を運営している東京二十三区清掃一部事務組合は、住民むけの説明会を開催するとしています。
清掃工場については、放射性物質の問題で注目されています。また建替え工事についても、大規模な工事になることに加え、清掃工場が光が丘団地内にあり、病院も近くにあることから、工事期間中やそれ以降も地域住民も大きな影響を与えることになります。
説明会の日程は、下記の通りです。ぜひご参加ください。
12月 6日(火)光が丘区民ホール3階多目的ホール 午後 7時~ 8時30分
12月 8日(木)田柄地域集会所3階集会室1・2    午後 7時~ 8時30分
12月11日(日)光が丘区民ホール3階多目的ホール 午前10時~11時30分
12月11日(日)春日町図書館会議室           午後 2時30分~ 4時
公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

光が丘病院についての区民説明会

来年3月末で日大が撤退を決めている光が丘病院について、区主催の説明会がやっと行われます。
これだけ区民が不安を広げているにもかかわらず、7月に撤退の報告をしてから初めての説明会であり、区民軽視と言われても仕方がありません。
出席するのは、区と後継医療機関である地域医療振興協会で、日大に対しても出席を要請しているとのこと。
病院に関して聞きたいことがある方や不安に思ってる方など、ぜひ説明会に参加してください。
日程は下記の通り
11月25日(金)18:30~20:00 光が丘区民ホール3階多目的ホール
12月 6日(火)19:00~20:30 勤労福祉会館1階集会室
12月 7日(水)18:30~20:00 関区民センター2階多目的ホール
12月10日(土)19:00~20:30 練馬区役所地下多目的会議室
公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

11.3「なくせ!原発」ねりまアクション

111103_110936

10月30日に行われた「なくせ!原発 安心して住み続けられ福島を!10.30大集会インふくしま」に連帯して、練馬でも11.3「なくせ!原発」ねりまアクションが行われ、参加してきました。

練馬駅前から東京電力前をとおって中村橋駅まで原発ゼロを訴えてパレードしました。途中東京電力で申し入れ文書を渡しました。
早く政治が原発からの撤退を決断し、二度と福島のような事故を起こしてはなりません。
写真は練馬駅前で行ったリレートークでの様子。

公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

放射線について区への申し入れ

DSC_0625

日本共産党練馬地区委員会と日本共産党練馬区議団は、11月2日練馬区に放射線についての申し入れを行いました。
この間、区民や区の測定で0.24マイクロシーベルトを超える場所が見つかったことに加え、子育て世代を中心に子どもちの健康を心配する区民の方々の声をうけて行いました。

区は、この申し入れについて後日回答すると答え、今後、放射線の問題については、担当部署を1本化すること、ホットスポットについての対応や、除染の方法については検討していると話しています。
測定器の区民への貸し出しや、民有地での対応は現在のところ区としては考えていないとのことでしたが、ぜひ区民の不安にこたえて取り組んでほしいと要望しました。

DSC_0654

以下申し入れ文書の要望項目だけを掲載します。
1.定期的な線量測定を少なくとも週1回は行い、測定箇所についても校庭の隅や雨水が集まりやすいなどホットスポットになりやすい個所での測定を行うこと。
2.線量が高い個所は立ち入りを禁止したり、除染を行うなど、すみやかに安全対策を講じること。
3.区民から希望がある個所については、区が測定を行うこと。また測定器の貸し出しを区民に対して行うとともに、測定器を増やして体制を強化すること。
4.簡易測定器をより精度の高い機器に切り替えること。
5.モニタリングポストをすみやかに設置し、そのために東京都にも協力を求めること。
6.内部被曝も含めた対応基準値を区として研究するとともに、国や都に対して基準の設定をすみやかに行うよう強く求めること。
7.区内農産物については、定期的に放射線量の測定をおこない、検査ために出荷できなかったものについては、区として生産者にたいして補助すること。
8.給食などで使われる食材について、放射線量の測定を行い、産地の情報についても公開すること。
9.区民や区立施設の職員に対して、放射線についての知識や区内の状況を知ってもらうための説明会をそれぞれ開催すること。

公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください