Monthly Archives: 9月 2012

区の答弁「…原発は当面維持すべき」

区は、9月11日のわが党の一般質問に対する答弁で「必要な電力の確保、地球温暖化防止などの大きな課題が解消されていないなかでは、安全性を確認した上で当面維持すべき」と述べました。区長が、通販生活が行った全国首長にむけた緊急アンケートでの原発を当面容認する答えを行ったことについて、区長に改めて認識を問うたもの。いまだに福島原発の収束のメドすら立たず、まともな安全対策も取られず、多くの国民が反対しているなかでの答弁で、本当に許せない!
公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

第3回定例区議会はじまる

9月7日(金)から第3回定例区議会、いわゆる決算議会が始まりました。1か月におよぶ長丁場ですが、来年度の予算につながる大事な議会です。区民の生活が少しでも良くなるよう頑張ります。
なお一般質問は9月11日(火)午後3時半過ぎの予定です。有馬区議団長が質問します。みなさんぜひ傍聴にいらしてください。
公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

震災ガレキ受け入れ計画の見直し党都議団申し入れ!

 日本共産党都議団が、震災ガレキ受け入れ計画の見直しを求めるとともに、域内処理できるよう経済的・技術的に支援することを東京都に申し入れました。震災ガレキの広域処理量が減ったことにくわえ、被災地での仮設焼却炉が本格稼働したことなどが理由です。
 廃棄物は本来、アスベストやダイオキシンなどの問題から域内処理が原則です。早急な見直しを求めます。なお申し入れ文書は都議団HPでご覧いただけます。
公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

党近畿ブロック、大原発の停止を関電に申し入れ!

 9月5日、日本共産党国会議員団近畿ブロック事務所と近畿の6つの党府県委員会が、大飯原発3、4号機の停止、高浜原発の再稼働中止、原発からの撤退を関西電力に申し入れました。
 関電は、今夏445万kwの電力が不足することを理由に再稼働を強行しましたが、実際は、ピーク時でも81万kwの余裕があり、需要予測は、再稼働のための過大予測であったのではないかと思われます。本当に許せない!!
 再稼働の根拠がなくなった以上、危険な大飯原発は今すぐ停止させるべきです!
公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

1600筆の署名の思いを届ける!!

P1010208
 連日ですが、今日は、住民の方たちに付き添って、光が丘駅にもう1ルートエレベーターをつけてほしいという要請をしに東京都交通局へ行ってきました。みなさんに書いていただいた1600筆を超える署名も思いと一緒にしっかりと届けてきました。松村友昭前都議にも同席していただきました。
 参加した住民の方は全部で9名。この日のためにご主人のデイサービスを休んだり、具体的な資料を用意してくださった住民の方もいらっしゃいました。
 要請の中身は、住民のみなさんから率直に現状や思いをぶつけてもらって、都の職員にこたえてもらうという形になりました。住民の人たちも、何としても手ぶらで帰ることはできないとの熱い思いもあって、当初の時間を大幅に超え、1時間半にも及びました。
 残念ながら都から明確に良い返事はいただけませんでしたが、今後の運動の方向性がつかめた気がします。今日がスタートラインにたったという気持ちで、設置させるまで頑張っていきたいと思います。
 住民のみなさん本当にお疲れ様でした。
公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

田柄官舎横の公園樹木の剪定が実現!

IMG_0631
 田柄に財務省および防衛省の官舎があり、その敷地内の公園の樹木の枝が伸び放題になっていたり、草取りが行われず、ごみが捨てられるなどして、周辺住民から何とかしてほしいという要望が出されていました。
 それをを受けて、本日、日本共産党国会議員東京事務所および笠井亮衆議院議員の秘書さんの協力を得て、衆議院9区予定候補の坂尻まさゆきさん、前都議会議員の松村友昭さんと一緒に財務省に要請してきました。

DSCF6291
 財務省側は、あらかじめ現地を調査していて、明日9月4日から11日まで剪定を行うことを約束してくれました。すぐに対応してくれたことが本当に嬉しい!

 ただ気になるのは、公務員官舎に対する批判や財政が厳しいことを理由に、今後の定期的な管理については、基本的に官舎居住者が行うべきだとして、財務省の責任を居住者に投げたことです。外環道建設などに莫大なお金を使うぐらいだったら、こういったことにお金を使うべきじゃないでしょうか。
公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください