Monthly Archives: 1月 2013

光が丘清掃工場で1月に災害廃棄物の受け入れ

これまた報告が遅くなってしまいましたが、光が丘清掃工場がまた災害廃棄物の受け入れをおこなうことになりました。受け入れ期間は1月11日(金)~2月2日(土)(日曜は除く)までの20日間。1日あたりの平均受入量は約8トンとのことです。
詳しくは東京23区清掃一部事務組合ホームページまで。なお毎月の受入計画については、前月20日頃に当組合のホームページにて公表される予定となっています。ぜひご覧ください。
公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

光が丘保育園(別棟)耐震化不足で新規受け入れの中止!

報告が遅くなってしまいました。他の議員はすで報告していることですが、
区立施設の耐震性について、今まで調査の対象外だった100㎡以下の建物(子ども関連)についても調査を行ったところ、区内の6か所の建物で耐震性が足りていないことが判明しました。私たちの周辺では、光が丘児童館ぴよぴよと、光が丘保育園の別棟の一部がそれに該当します。
光が丘児童館ぴよぴよでは利用を中止し、館内の別の一室を利用することで対応しています。
とくに深刻なのが光が丘保育園で、該当する部分を使っていた1歳児について、区は急きょ本館への移転を決定。同じく別棟を使用していた0歳児についても、一部使用を禁止しました。
今後、別棟については全面的に使用を中止し、来年度中に工事を行うとしています。そのため0歳で8名分、その他で15名分の園児が受入れられない事態となり、来年度からの新規の園児の受け入れを停止しました。
いま保育園に入れない人たちが多数いるもとで、これだけの人数が受入れられないとなれば大変な事態です。仮設などあらゆる手段を使って一日も早く入園できるよう求めていきます。
 
公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

2013年

DSC00023
天に伸びる神代寺桜

新しい年を迎えました。みなさんいかがお過ごしでしょうか。
昨年は大変お世話になりました。とくに総選挙でご協力いただいたことに感謝申し上げます。

私たちは今候補、坂尻候補を先頭に改革の展望を懸命に訴えましたが、残念ながら1議席減らしてしまうという結果になってしまいました。しかし国民生活は待ったなしです。国民の生活を応援するため、選挙で掲げた公約実現にむけて全力を上げてまいります。
選挙結果全体では、民主党政権の失政への怒りが自公政権の圧勝につながりましたが、自民党は景気対策だといって100兆円規模で公共事業を行う一方で、景気と国民生活をどん底に突き落とす消費税増税を強行しようとしていうのですから、国民との矛盾は避けられません。

どんなに大企業を応援し、金融緩和や規制緩和を行っても、国民の生活が良くならなければ、経済も社会も良くならないでしょう。今こそ国民の生活を応援する当たり前の政治を実現し、誰もが普通に生活できる社会を築いていくことが必要です。
そのために生活できる所得を保証すること、とくにその要となる正社員を増やすことが決定的です。また少なすぎる年金や社会保障の拡充も求められています。今年行われる都議選や参議院選挙で今度こそ勝利して、それを実現する第一歩にしたいと思います。
私たち区議団は昨年、区民の暮らしと命を守り、医療過疎の解消や震災対策の強化などに全力を尽くしてきました。その中で、肺炎球菌ワクチン補助、認可保育園や特養ホームの増設、耐震化予算の増額、子どもの施設での給食食材の放射能測定などを前進させることができました。

今年も憲法を守り、駅のバリアフリー化やみどりバスの増便など、区民要求前進に向け力を合わせていく決意です。

公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください