昨年末の農業委員会協議会で気になる2つのアンケートが実施されると報告がありました。

一つは区が実施する「農地化に対する需要アンケート調査」です。これは農地を保全する立場から、すでに宅地化された土地等を再度農地に活用したいかどうか、その意向を区内農業者に調べるためのもの。区はこの結果もうけ、農地化への何らかの支援ができないか検討するとしています。

もう一つは国交省が実施する「都市農地に関するアンケート調査」です。これは今後、生産緑地が指定から30年を迎える中で、30年経過後の農地の利活用の意向を調査するもの。こういった調査を国が行うのは初めて(?)のようです。特徴的なことは調査項目に生産緑地に指定されない500㎡以下の農地についても設問をもうけていることです。

これは国も含めて、都市農地に対する価値が大きく見直されてきていることの表れではないでしょうか。まだ端緒的ですが、都市農地の保全にむけ、何ができるのか、国の動向も見ながら考えていきたいと思います。

公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください