光が丘病院の移転先として、光四中跡地を検討すると区が初めて明言。


練馬光が丘病院の移転改築先として、光が丘第四中学校の跡地を検討することを9月の区議会で区が初めて明言しました。自民党区議と民進党区議の一般質問に答えたもの。ここには光四中閉校の真の理由が述べられている気がします。
以下答弁の抜粋
…こうした中、先の練馬区議会定例会ににおいて、平成30年度末をもって光が丘第四中学校を閉校する条例の可決という大きな状況変化がありました。先月末、地元関係者、公募区民を含めた光が丘第四中学校の跡施設活用検討会議を設置し、議論を開始しました。会議では、これまでの学校施設の活用状況、旧光が丘第七小学校の活用についてはいくつかの課題があり、具体化には至っていないことなどを説明しました。現地の視察も行ったところ、複数の委員から「旧七小と光四中の敷地を一体的にとらえて検討してはどうか」との意見がありました。このような経過を踏まえると、改めて病院基本構想懇談会を開催し、病院改築に係る基本構想を検討する必要があると考えています。跡地活用検討会議と病院基本構想策定懇談会、それぞれの議論を進めてまいります。…

公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です