区長選挙と区議補欠選挙ではご支援いただき感謝申し上げます。

区長選挙は短期決戦という制約もあり、残念ながら当選には至りませんでしたが、野党議員や政党支部から支持を受け、一緒に選挙戦を戦うという貴重な経験を作り出しました。これは今後につながるものです。

区議補欠選挙は、5名の当選者の中で4名が20,000票台という本当に厳しい戦いでしたが、野村候補がみごと3位当選を勝ち取りました。そして、定数5名の中で野党会派が3名を占めたことは本当に嬉しいことです。

今回の選挙で共産党区議団の議席が6名に回復したことで、質問時間が増え、複数の委員を配置できる委員会が一つから三つに増えることになり、区政に対するチェック機能が強化されることになりました。また今回野党会派が3議席増えたことは、区政を動かし、安倍政権の退陣に追い込む大きな力になることは間違いありません。

のむら区議は、投票日の翌日から正式に区議会議員となりました。そして、翌日から朝の駅頭に立ち、3日後からは新人議員研修が始まり、さらに一週間後には委員会に出席することになります。6月11日からは6月議会も始まります。休む間もなく議員としての活動を開始しました。

区議団も新しい風が加わったことで良い刺激を受けつつ、これから一致団結して、区政を変え、自公区政の防波堤として役割を果たしていきたいと思います。そして、そのために来年の一斉地方選挙での全員当選にむけて頑張りぬく決意です。

公式サイトhttp://www.shimada-taku.com/もご覧ください