announceimg

3期目の決意

3期目に押し上げていただき、区議会議員の職責を果たすことになりました。 与えていただいた議席を活かして、公約実現のために力を尽くすとともに、区議会でも市民と野党の共闘を進め、より民主的で開かれた議会となるように頑張ります。 この間、区議団が行ったアンケートでは、安倍政権の下で暮らしが苦しくなったと答えた人は半分にも上っています。国の悪政が区民生活を直撃しています。 やはり区民の願いは、大型開発優先や戦争する国づくりではなく、日々の暮らしを良くすることです。そして、それが真に平和な社会を作っていくことになるのではないでしょうか。そのために区政に変えていかなければなりません。 誰もが引け目なく普通に暮らせる区政をめざし頑張る決意です。皆さんのひきつづきのお力添えよろしくお願いします。

announceimg

島田拓の実績

○区議会議員の費用弁償(交通費1日3000円)を廃止
○順天堂練馬病院の90床の増床
○3年間で認可保育園24園、2000人分の増設
○すべての小中学校の普通教室にエアコンを設置し、今後学校体育館にも設置予定
○就学援助の入学準備金について、入学前に支給することを実現
○3年間で特養ホームの2園、204人分の増設と5施設が計画化
○福祉事務所のケースワーカーの増員
○視覚障害者のための駅の内方線付点字ブロックおよびホームドアの設置
○小学校1・2年生および中学校1年生での35人学級の実現
○地下鉄赤塚駅の2つ目のエレベーターの設置
○多目的トイレの手すり改善
○視覚障害者向けの音声案内の改善
○土支田230号線の信号機設置

announceimg

島田拓 実績マップ

政策ビラ

島田拓リーフレット

 

お寄せいただいたアンケート結果を政策にいかしていきます!

実現しましょう

○みどりバスの30分に1本の増便を進めます
○教員の抜本的な増員と区立小中学校での35人数学級の全学年への適用を進めます
○特養ホームの待機者解消を図ります
○認可保育園の増設による待機児解消を図ります
○学童クラブの待機児解消のための増設でねりっこクラブなどの詰め込みを解消し、基準の引下げに反対します
○公共施設の委託化・民営化に反対するとともに、公契約条例を制定し、区民サービスの質の確保と現場で働く職員の処遇改善を図ります
○URや公社の賃貸住宅の家賃引き下げを求めます
○大江戸線の早期の延伸を推進します

announceimg

○光が丘駅の2つ目のエレベーターや下りエスカレーターの設置などバリアフリー化を進めます
○高すぎる国民健康保険料や後期高齢者医療保険料、介護保険料の引下げるために力を尽くします
○消費税に反対し、住宅リフォーム制度やプレミアム商品券を実施して、区内事業者を応援します
○公助を第一とした防災対策とし、耐震化や不燃化、初期消火体制の強化を図ります
○区内の農地と緑地を守り、地産地消の給食を推進します
○大型道路計画を見直し、財政難を理由とした公共施設の統廃合をやめさせます
○原発再稼働に反対するとともに自然エネルギーの普及を進め、災害時のエネルギーを確保します

announceimg

フォローお願いします

街路樹のあり方を考える

剪定されて無残な姿になってしまった街路樹を見たことはありますか?もともと街路樹は、根のはる範囲が狭いうえ、暑く、乾燥しやすいので、樹木にとっては過酷な環境です。   ◾️剪定で枯れてしまう樹木も 一方で、枝が車の通行に支障となることや、毛虫や落ち葉など ...

8月 16日, 2022

桜台東部地区重点まちづくり計画はいったん立ち止まって

7月28日の都市整備委員会において、桜台東部地区重点地区まちづくり計画の策定についての報告が行われ、今までの「計画(案)」を今後都市計画審議会からの意見を聴取したうえで正式に「計画」として決定する方向性が示されました。 ◆道路の拡幅が柱の一つ この計画は、桜台の1、2丁目と、3〜 ...

8月 3日, 2022

区立谷原保育園の廃園計画は撤回をー区はまともに答えず

当事者を無視した区立谷原保育園の廃園計画が保護者をはじめ区民の中に怒りを広げています。この問題を一般質問で取り上げ、区に廃園計画の撤回を求めました。その質問と答弁を掲載します。区は、正面から答えず、いかにこの計画に問題が多いかを示すものとなりました。 次に区立谷原保育園についてお ...

2月 22日, 2022

臨時特別給付金の改善求める

12月27日に練馬区議会で臨時議会が開催され、臨時特別給付金等を含む補正予算が審議され、全会一致で可決されました。 臨時特別給付金の一つである子ども子育て世帯への給付金については、国の方針が二転三転し、結果、練馬区の場合は、児童手当を受給している世帯について、10万円を5万円ずつ ...

12月 30日, 2021

会計年度職員の処遇改善を

練馬区の職員の約6割、約2,700人が会計年度任用職員という不安的な働き方を強いられています。会計年度任用職員は5年ごとに公募されることになっています。常に来年度は雇い止めにあうかもしれないという不安を抱えています。まずは、最低限、再任用の回数の限度は取り払うべきです。 また、会 ...

11月 2日, 2021